★ 本と本屋と猫まんま ★
活字中毒? 立ち読みマニア? 1日に1回は本屋やコンビニで立ち読みしちゃう困ったちゃんな 『猫まんま』 の本に関する日記、かな?
04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デカメロン
今回も猫まんま家でのお話です。

突然ですが、デカメロン って知っていますか?

ちょいと昔は、高校生なら読んどくかい?
といった類の本だったと思うんですけどね。

ほら、何だか好きじゃないけど読んだ方が良いような、
読んだら賢くなったような気がする本てあるでしょう。
若かりし日の猫まんまも、 デカメロン蟹工船 をミエと義務感 ( ? ) を総動員して読みました。
デカメロンはまだましだったんだけど、蟹工船はトンと趣味じゃなくて読み終わるのに時間がかかったなぁ。
重いよ~、暗いよ~、と叫んでいたような … でもほとんど内容を覚えてないんですよ。
本当に格好だけで読んでたんだね ( 笑 ) 。

十四世紀イタリアのフィレンツェでペストが猛威をふるった時、七人の淑女と三人の紳士が森の館に避難し、毎日交代で面白い物語を話して聞かせることになった。―イタリア・ルネサンス期の巨人が残した世界文学史上不滅の古典に新たな生命を吹きこむ苦心の訳業。本巻には前半の第五日第七話までを収録(第三日、第四日は省略)。
★☆★ Amazon より ★☆★  
デカメロン〈上〉 (講談社文芸文庫) デカメロン〈上〉 (講談社文芸文庫)
ボッカッチョ (1999/05)
講談社

この商品の詳細を見る


おい地獄さえぐんだで-函館から出港する漁夫の方言に始まる「蟹工船」.小樽署の壁の日本共産党万歳! の落書に終わる「三・一五」.小林多喜二(1903-1933)25歳のときの2作は,地方性と党派性にもかかわらず思想評価をのりこえプロレタリア文学の古典となった.搾取と労働,組織と個人.歴史は未だ答えず.[解説=蔵原惟人]
★☆★ Amazon より ★☆★  
蟹工船 一九二八・三・一五 (岩波文庫) 蟹工船 一九二八・三・一五 (岩波文庫)
小林 多喜二 (2003/06/14)
岩波書店

この商品の詳細を見る

そんな風に可愛く ( ? ) 高校生をしていた猫まんまもいたんだよ~、というお話。
( ここまではね、笑 )

      にほんブログ村 本ブログへ



[READ MORE...]
スポンサーサイト
救急精神病棟
やっと とある魔術の禁書目録 (現13巻) を読み終わった~♪
あ~、面白かった。
これからは節約するぞーー!!
ちょうど前に書いた 【 私本管理Plus 】 にガンガン蔵書を入力中。まだまだすることが山盛りなので退屈しないですみそうです。

で、少し前に買った本。 救急精神病棟 です。
一昔前、いえ最近まで 救急 と言えばケガや心臓その他の急病ばかりだった気がするけど、最近は 救急・神経 関係のものも多くなった気がします。

精神病は治せるんだ!
24時間ノンストップの現場で最前線に立つ医師、看護婦……。知られざる彼らの闘いの日々!

いま日本のすべての病院の入院患者総数は約140万人で、そのうち精神病で入院している人は約30万人にのぼる。つまり、日本の入院患者のほぼ4人に1人が精神病患者なのだ。この驚くべき事実を、ほとんどの日本人は知らない――。(本文より)
妄想に取りつかれて暴れるエリートサラリーマン、「神様モード」の青年、母親をなじり自死を選ぶ進学校の女子生徒……精神科救急に取り組む最前線の病院を3年間にわたり密着取材し、当代屈指のジャーナリストが圧倒的筆致で描いた現代ノンフィクションの傑作!
★☆★ 講談社BOOK倶楽部 より ★☆★  

救急精神病棟 救急精神病棟
野村 進 (2007/04/21)
講談社

この商品の詳細を見る

この本では救急で運ばれた方を追っているので、重度の患者さんばかりです。とてもハードな現実を突きつけられます。
患者さんの様子、そして現場の大変さ。かなり真剣に考えさせられました。

      にほんブログ村 本ブログへ



[READ MORE...]
とある魔術の禁書目録
この休み中に、手を出してすっかり夢中になってしまった本。
とある魔術の禁書目録 です。
前々から書店に並んでいたけれど、無視してきましたからね。
今更って感じですけど、面白くて。

この世界(主人公の住んでる都市)では超能力の強さでランク分けされていて、それがすべて。すべての学生がLEVEL1から最強であるLEVEL5までにランク分けされる中、主人公の上条当麻(かみじょうとうま)は『能力皆無』のLEVEL0の烙印を押されてしまう。だが上条当麻は『それが異能の力であるならば、神の奇跡さえ一撃で打ち消すことの出来る右手』を持つ『幻想殺し(イマジンブレイカー)』という能力の持ち主であった。現代科学では解明することの出来ない能力であるが故に、最弱にランク分けされてしまった当麻である。
その当麻の下に、ある少女が突然やってきた。当麻は少女を守るために、『イマジンブレイカー』とともに超能力や魔術に立ち向かう…
★☆★ Amazon より ★☆★  


   とある魔術の禁書目録 ( 2 )

    鎌池 和馬 (2004.06.25)
    電撃文庫 ( メディアワークス )

    男の子が主人公の 上条当麻 。
    女の子がもしかしたらヒロインの インデックス 。
    本名は打ち込むのが面倒くさい長い英語なのでバス 。
    なかなか素敵で面白い二人です 。

タイトルからしてファンタジーくさいし、電撃文庫。
これ以上ないくらい 「 ライトノベル 」 ( 最近までこういう呼び方は知らなかった ) という一冊。

      にほんブログ村 本ブログへ



[READ MORE...]
バッテリーⅥ ( 最新刊 ) GET♪
またまた風邪を引いてしまいました。
今度はモリミが犯人 ( ? ) な気がする。
理由は後半ね。

今回の風邪はトイレのお友達風邪。
欠かせないのが痛みを忘れるほど夢中になれる本!
コレ絶対!
そして、今回まんまを救ってくれたのがあの バッテリー の最新刊でした~♪

ついに横手二中との運命の試合の日が迫る。巧と豪のバッテリーがたどり着いた結末とは、そして試合の行方は──!?大ヒットシリーズ「バッテリー」の完結巻が、ついに登場!!
★☆★ web KADOKAWA より ★☆★  

バッテリー 6 (6) バッテリー 6 (6)
あさの あつこ (2007/04)
角川書店

この商品の詳細を見る

この記事を書こうとして、つい読み返してしまった ( 涙 ) 。
日付も変わってもう深夜。時間がたつのって早いよね
ハハハ … ( 反省中 ) 。

さて、最新刊が最終巻です。
映画も上映されてるし、コミックも出てますよ。
ただ、コミックスはちょっと原作とキャラのイメージが違うから買ってないけどね。
まんまは小説の巧君が好きなの
いよいよナッマイキな天才ピッチャー原田 巧君( 不器用なだけな気がするけど ) と 天才バッター門脇君 の対決だ!
でもコレが不思議なんだけど … 巧君が主人公の青春野球小説なんだけど … やっぱり中学の部活なんです。チーム全体が青春してます。

良かった! 感動した! ( マネッコ、笑 )

こんなドラマチックな子達はいなかったけど、ふと自分の中学時代を思い出して熱くなりました。
きっとみんなをそんな気にさせる作品だと思うなぁ♪

      にほんブログ村 本ブログへ



[READ MORE...]
彩雲国物語 ( 11 ) 青嵐にゆれる月草
途中の巻を紹介しきれないうちに、既に出ました最新刊。
あ~、面白かった♪
ライトノベルの王道を行くサックリ感とノリの良さが良いですね。
中国ベースの良い男出現率が異様に高いこの作品。
それでも嫌気がささないのは、作者さんの力量とキャラの魅力かな?

新たな職場・御史台で働き始めた紅秀麗。新米の観察御史として、天才で天敵の美少年・陸清雅と張り合いながら頑張る秀麗に、大きな仕事が舞い込んだ!!それは、王・劉輝の妃候補として命を狙われている、藍家の十三姫の「身代わり」に、後宮に入ることで!?劉輝のお妃問題に、揺れる秀麗の乙女ゴコロ、そして妹を後宮に入れる事になった藍楸瑛の苦悩の行方は!?
清雅とのライバル関係も過熱気味!目が離せない第11弾!! ★☆★ web KADOKAWA より ★☆★  
彩雲国物語―青嵐にゆれる月草 彩雲国物語―青嵐にゆれる月草
雪乃 紗衣 (2007/03)
角川書店

この商品の詳細を見る

今回も、良い男活躍中です ( 笑 ) 。
まんまは静蘭君が大好きなのですが、今回の登場はページ数的には少な目。でも美味しいところ取りだから良いかな?

      にほんブログ村 本ブログへ



[READ MORE...]


プロフィール



書いてる人:猫まんま
7月2日生まれ(♀)
猫と本と甘いものが好き
変わり者との噂もチラホラと、聞こえたり聞こえなかったり
(写真はsuperwilds様より)

フリーエリア

ブログランキング

ランキングに参加中。

    にほんブログ村 本ブログへ  

FC2カウンター

猫まんまの別館

◆ 猫まんまの樹海、増殖中

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Google

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。